【体験記録②】リノベ会社説明会 ひかリノベ訪問

中古リノベ体験記録

こんにちわ!Naomiです!
【体験記録】の記事では私が実際に中古住宅を購入してリノベをした体験を紹介させて頂きます。

今回の記事は「リノベ会社説明会」に関してです。

※中古リノベ
中古住宅を購入してリノベ(大規模なリフォーム)を施工すること

中古リノベするなら、まずリノベ会社を決める

中古リノベによる物件購入をする場合、まずはリノベ会社を決める方法をおススメします。

理由は大きく2つあります。

リノベ前提での物件紹介が期待できる

一つ目はリノベをする事を前提として物件を探してくれる事です。

数多くある中古物件の中でもリノベに向いている物件というのがあり、その観点で物件を探してきてくれます。
リノベ会社というと、リノベの施工のみ担当しているイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

実際には宅建士を抱えたリノベ会社も多く、物件売買の紹介や仲介もしてくれます。

中古リノベの施工実績や経験に裏打ちされた物件を紹介をしてもらえるため、スムーズに物件探しを進める事ができます。

※宅建士
宅地建物取引士の事、不動産売買の仲介業務を行ってくれる

リノベ案を提示してもらいながら物件選びができる

二つ目は具体的なリノベ案を提示してもらえる事です。

気に入った中古物件があっても、実際に住むのはリノベ後の物件です。

そのため、リノベしたどのようになるか?そしていくら費用が掛かるか?
ここをしっかり把握できない限り購入には踏み切れません。

気になる物件を見つけてから、いくつかのリノベ施工会社にプラン提示や見積もり依頼をしても良いのですが、これはかなり時間が掛かります。

その間に物件が売れてしまうという事も十分に考えられますので、物件選びの段階からリノベ会社に入ってもらう事を断然おススメします。

また、事前に「LDK吹き抜けにしたい」等の要望を伝えておく事で、その観点で物件の内見を一緒にしてくれます。
こういった点も事前にリノベ会社を決めておく事のメリットになります。

リノベ会社説明会参加-株式会社ひかリノベ-

さて、ここからは実際に私が説明会に参加した時の体験談を紹介します。
私が参加したのは株式会社ひかリノベの説明会です。

ひかリノベに限らずいくつかの会社を候補にあげて説明会日程を探すところから始めました。

ひかリノベでは、ほぼ毎週説明会を実施していました。

またそれとは別に個別相談会というのを予約でき、まあ正直ほとんどいつでも説明を受けられるという感じでした。
そのためまずは、ひかリノベの説明を受けてみようと思い、個別相談を予約しました。

2018年4月某日 説明会参加

説明会には嫁様と娘と3人で参加する事にしました。
家を買うというのは当然私だけの問題ではないので、家族の意見もしっかり聞きたいと思ったためです。

予約時間ぎりぎりに到着した私たちは
ひかリノベ 湘南ショールーム 入口に建っているひとりの男性と目が合いました。

「こんにちわ!」
明るくも控えめな印象で挨拶をしてくれたその男性がひかリノベ社員の方でした。

第一印象がとても良く、期待が高まりました。
と言うのも、私はこれまでに賃貸探しの時や物件購入検討の際に出会った不動産業者に対して正直あまり良いイメージを持っていませんでした。

ちょっと横柄というか、押し付けてくる感じが強く肌に合いませんでした。

その点、今回知り合ったひかリノベ社員の人(以降U氏)は非常に謙虚な印象があったため、とても好感を持ちました。

私たちはショールームの3Fにある応接室に案内されました。
ここにはエレベーターが無く、ちょっと驚きます(笑)。

簡単な挨拶をした後、次の説明を受けました。

説明内容コンテンツ
・中古リノベとは
・リノベをするメリット
・物件の選び方
・片手仲介や両手仲介といった不動産仲介特有の用語について
・ひかリノベでのサービス内容について

事前に色々とネットで情報収集していたので知っていることも多くありましたが、とても丁寧な説明でしたので改めて知識の確認ができました。

説明内容所感

内容としては、ネットで手に入る一般的な情報が多い印象でした。一方でひかリノベ特有のサービスについては初めて知る内容でした。

説明内容ポイント
・ひかリノベではコンサル料を支払うことで本格的に物件探しを手伝ってもらえる
・ひかリノベでは仲介料を売手側の不動産業者に支払う前提で物件を紹介してもらえるパターンがある
・ひかリノべで入れてもらった部材(キッチン・トイレなど)は10年保証
・ひかリノべでは3D立体画像を用いてリノベ後の間取りを確認可能
・ひかリノベでの施工実績や事例の紹介

中でも気になった点について、紹介します。

仲介料を売手側に渡すとは?

これをする事によって、仲介手数料全てが売り手側に入ります。
これを両手仲介と言いますが、不動産業者はこのような契約を基本的に望んでいます。

理由は単純にオイシイからですね。

この仲介料をひかリノベ側が諦める事で、優先的に条件にあった物件を各不動産業者がひかリノベに紹介してくれるというシステムを採用しています。

物件を探す上では強力な魅力になります。

部材の10年保証は非常に魅力的

キッチンやトイレ、バスなどの部材関連についてはひかリノべとして10年間の保証をつけてくれます。

これもけっこうな魅力ではないでしょうか。

コンサル料について

また、コンサル料というのが気になるところですが、内容としては顧客に不利なことはほとんど無いと思いました。

コンサル料ポイント
・コンサル料は10万円
・コンサル料を支払う事で物件探しからリノベ案の提案を手伝ってもらえる
・途中で物件探しをやめた場合、自己都合だとしても全額返金
・リノベ施工に着手する際に10万円は工事費に当ててもらえる

要するに、10万円をそのまま持っていかれる事はないということですね。前金のような感覚でしょうか。

リノベ会社決めました。

うん、「ひかリノベ」いいんじゃない?
私も嫁様も意見が一致したため、私たちは「ひかリノベ」にお世話になることにしました。

大きな決め手は下記3点です。

決め手
・片手仲介料を捨てることで条件の良い物件を探してくれそう
・部材が10年保証
・担当営業U氏の印象

他にもリノべ会社はたくさんありますが、私はすぐに「ひかリノべ」に決めました。
最初の印象というのはけっこう大事だと思っており、瞬発力で決めました。

のちのち物件についても瞬発力で決めてます。

悩む方は多い思うのですが、自分の感性に従うというのも良いと思います。

ということで、リノベ会社説明会の体験談でした。
リノベ会社を決めるときは絶対に説明会に参加した方が良いです。

ひかリノベの見学会については下記にリンクを貼らせて頂きます。



人の雰囲気や、その会社独自のサービスについて深く知ることができます。
時間を割いて説明会に行くのは億劫に感じるかもしれないですが、物件選びのパートナーはとても重要です。
ぜひご参考にして頂ければと思います。

さて、次回以降はいよいよ物件探しです。