そもそもなぜ家を買うのか

住まいと暮らし

こんにちわ!Naomiです!
今回のテーマはとても根本的な部分で、「家を買う」という事自体に対する考えをシェアしていきたいと思います。
先に結論を、
私が家を買う理由は「欲しいから」です(笑)。

とてもざっくり言ってしまうとそういう事になるのですが、ここに至るまでは色々と悩みましたし他の人の考え方も参考にしてきました。

そのあたりの事も紹介できればと思います。

住む場所は生涯必要となる

住む場所というのは必ず必要になる要素の一つであり、生きていく上で必須と言えます。

住む場所をどうるすか、というのは相当に重要な要素です。

自分のライフスタイルだけでなく、家族と暮らすのであれば家族のライフスタイルや趣味趣向を考慮した住まいを選ぶ事により人生の幸福度にも影響してくるでしょう。

自分や家族にとって一番適した住まいを選ぶ事が重要です。

それはどのような住まいかもそうですが、賃貸にするか住宅ローンを組んで購入するかという経済的な部分も同じかそれ以上に重要です。

住宅ローンを組む以上、一般的には生涯の住まいをどうするか、という問題に悩むのは30代になる事が多いです。

仕事も家庭も一番忙しい時に家の事も考えるというハードモード期ですが、より良い選択ができるようにしていきたいですね。

生涯ついて回る話題ですので、私も30歳手前のタイミングでとても悩みました。

マイホームという政策

マイホームという文化は高度経済長期にできました。
多額の住宅ローンを国民が組む事で何十年もの間、一定金額を消費する仕組みを作ったわけですね。

それから何十年経過していますが、私達は今日においても「いつかはマイホームを持つもの」という“常識”を教え込まれ生きています。

しかし、最近では住宅ローンのリスクや現代を生きていく上では最適解ではないという事を提唱する人が多く表れていますね。

代表的なところではホリエモン氏や2chのひろゆき氏、落合陽一氏などがあげられます。

一度、彼らの著書を読んでみるのも面白いと思います。
非常に面白い発見がたくさんあります。

特に最近読んで面白いと感じた本とその内容の一部を紹介します。

こちらの本では、「自動運転技術」の発展によって都心に住む必要性が無くなるという事書いています。
今現在はそのような状況にはなっていませんが、将来そのような社会になる事は十分に有り得る、むしろ確実にそうなると感じます。

将来を見据えれば、それほど都心に拘る必要は無いのかもしれません。
さらに言えば、一生賃貸という選択肢も大いに「アリ」でしょう。

それでもやはり私は、マイホームに魅力を感じますし住む場所に自分なりの拘りを詰め込みたいと思い、購入を決意しました。

住む場所を固定するということ

マイホームを買うと、基本的には住む場所が固定されます。
簡単に売って引越しというわけにはいかなくなるでしょう。

転勤族の人がマイホームを買えないと言う理由はこれですよね。
しかし、これからは家にいながら仕事をする事ができる時代が来ます。

すでにある程度の職種や業種の人は在宅ワークをしていますよね。将来的にはこのような形態の働き方は増えて行くと思います。

そうなれば住む場所を固定する事で、その土地に愛着を持って暮らすというのは決して悪い選択では無いのではないでしょうか。

賃貸では叶わない事がある

私がマイホーム購入を決意した理由の一つに、「賃貸でできない事ができる」というのがあります。
具体的には、DIYによる住宅や庭のカスタム、自分好みのキッチンやお風呂の設置、床の張り替えなどです。このような行為は自分のモノでないとなかなか難しいです。
今後、上記のような事を許容する賃貸というのを考えるのは面白いかもしれないです。
「カスタム自由」みたいな(笑)。次に住む人が気に入るかわらかない以上難しいかもしれないですが、何か良いアイデアがあれば実現するかもしれないです。

私の場合、所有欲を満たすという事には興味は無かったのですが、キッチンなどの部材を自由に選択したいというのと、住宅においても遊び心をたくさん取り入れたライフスタイルにしたい。という思いから購入という結論に至りました。

欲しいと思うかどうかが大事

最終的には、「欲しい」と思うかどうかが一番重要だと思います。リスクがとか、今後は幸せの形も変化するからマイホームを持っている事が必ず幸せという要素にはならないとか、色々意見や思いはあると思います。

でも、私はシンプルに

「欲しいなら買えばいい」と思います。

予算を大きく超えた物件を選んではいけませんが、自分の所得に見合った物件であれば欲しいものをわざわざ我慢しなくても良いと思いますし、それだけの価値を感じたのであればそれが答えだと思います。

逆に良く無いなと思うのは、「マイホームはいつかは買うものだから」という理由で買うことです。これは正直、「欲しい」という気持ちとは違います。
マイホームで何をしたいのか、ライフスタイルに何を取り込みたいのか、その先に住宅購入へのワクワク感があることが大事だと思います。

そういった気持にならない場合は、住宅購入する必要は無いのかもしれません。

自分の本当の気持ちと対話して、決定していくことをオススメしたいです。

やはり住宅購入だ!と思った方にはぜひ下記の記事も読んでもらえればと思います。