木材の話-アコギはトップ材が大事

ギター

こんにちは、Naomiです。
最近、スティールのアコギを買いました。

このアコギを買うまでにアコギの材の事とかけっこうたくさん調べましたので少しずつ備忘録という意味でもアウトプットしたいなと思っていました。

今回は初回ということで、トップ材に注目して色々と書いてみようと思います。

アコギを構成する材

アコギを構成する材はトップ、つまり表の板とバックサイド、横と後ろの板に分かれます。
トップ材での振動をバックサイドが拾って全体の鳴りにしていくような感じでしょうか。

トップ材が一番大事だと思う

世間的にはバックサイドの板をハカランダにするとか、ココボロにするとか、そこの材によって凄く値段が上下しますし、最重要項目っぽい印象を受けるんですよね。

でも、実際、一番大事なのはトップ材な気がしてます。
一番そのギターの鳴りを作るのはトップ材で、それをサポートするのがバックサイドだと思うんですね。
これは、とあるギター製作家の方も同じ事を仰ってました。

ほとんどトップ材ですよ。と。

バックサイドも大事であることに変わりは無いのですが、比重で言えばやはりトップ材が大事だという意見ですね。

私も同感です。

しかし、バックサイドに比べて種類が少なく値段の上下があまり無いのがトップ材。
逆にこれはチャンスじゃないかと思うんです。

「しっかりトップ材にこだわってもハカランダを選ぶより安い」
ということですので、トップ材にはしっかりこだわった素晴らしい材を選択して、バックサイドは普通のローズウッドやマホガニーにしてコストを抑えるとかもいい感じじゃないでしょうか。

トップ材の種類について

ここからはトップ材について色々と書いていきます。まずは大きく分けて2種類あるということを紹介させていただきます。

スプルース

まずはスプルースですね。和名だと松になりますね、白い木目の針葉樹でアコギでは最も多く使われているトップ材ではないでしょうか。
音響特性はクリアでボリュームのある音色、とか言われていることが多いですね。低温から高音までしっかり出るイメージで合っていると思います。

さらに、スプルースの中でも種類がたくさんあります。
有名どころを中心にまとめてみようと思います。

シトカスプルース

まず定番中の定番、シトカです。スプルース、とだけ書かれていたらほぼ間違いなくシトカスプルースと思っていいみたいです。音響特性としては低音から高音までレンジが広くクリアな音、いわゆるスプルースらしい音だと思います。まあ普通といえば普通でしょうか(笑)。
あと、シトカスプルースは経年変化によって茶色味が増します。
私が所有しているMartin oooも3年ほど毎日引き倒していた結果、全然違う色になっています。シトカスプルースは日焼けします。

イングルマンスプルース

つづいてイングルマンスプルース。こちらはシトカよりも柔らかい音色と言われていますね。またシトカのように思い切り茶色くなることはないようです。
私が現在Echizen Guitarsさんにオーダーさせていただいたギターもこちらのイングルマンスプルースを選択しました。フィンガーピッカーにはけっこう人気のある材のようです。

アディロンダックスプルース

続いて、アディロンダックスプルースです。こちらはシトカよりもさらにクリアで明瞭な音色、パワフルで鳴りの良い材のようです。アディロンダックのギターもまだ弾いたことはないのですが次で紹介するカルパチアンスプルースとも酷似していようですので、その経験から言うと、凄く魅力的な音色を出す材だと思います。アディロンダックはスプルースの中では高級種です。

カルパチアンスプルース

カルパチアンスプルースは正直全然有名じゃないのですが、自分が所有しているので紹介します。こちらはアディロンとほぼ同じような音響特性みたいですね。ガリンっと響くような、ガラス便をゴロンと転がした時のような感じの音です(笑)。全然意味がわからないかもしれないですが、本当にそういう感じの音なんです。クリアで本当にはっきりとした音色です、倍音も豊かです。

シダー

続いてシダーですね。シダーは杉です。やや茶色がかった木ですね。シダーと書いてある場合は基本的にウエスタンレッドシダーと思って間違いないです。
シダーの音響特性としては中音域にトーンが寄っていて、暖かい音色です。出音の反応速度も速めだと思います。レスポンスがいいギターということになりますね。

その他のトップ材

大体のアコギがスプルースかシダーですが、まれに変わった材を使ったギターがあります。その中でも代表的な番外編トップ材をいくつか纏めてみたいと思います。

コア

ハワイアンコアと呼ばれる木ですね。スプルースやシダーとは違い、コアは広葉樹です。コアのギターも弾いたことがありますが、好みが別れると思います。音響特性としては中域にパンチのある感じでしょうか。ただ、サイドバック材やそもそものアコギの形状によっても音がかなり左右されますので、材だけで全ての音が決まるわけではないことには注意した方がいいです。
個人的に、コアの最大の魅力は見た目だと思います。
明らかに他とは違う魅力を放っています。

レッドウッド

続いてレッドウッドですね。名前の通り赤茶色の木材で、音響特性としては非常に温かみのある音とのこと。レッドウッドのギターは残念ながらまだ弾いたことがないので、よくわからない点が多いですがシダーの特徴をさらに強めたような印象なのかと思います。
スペインギターなんかにも使われていたりする木材ですね。

マホガニー

マホガニーと言えばサイドバック材として使われることが多いですが、オールマホガニーと言ってトップ材までマホガニーのギターというのがあります。
オールマホガニーのギターって本当に変わった音がするんですよね(笑)。本当に好みが分かれると思います。試奏した時は中域がポコポコしたような感じの音色という印象を受けました。2本目以降のギターに持つには面白いのかなという感じ。

トップ材を何にするかで印象が全然違う

上記で代表的なトップ材をいくつか紹介しました。これまでに私自身も数十本はギターを弾いてきましたが、トップ材が何かで全然音が違います。
あと、誤解というか反論を恐れずに書くと、サイドバックはどれでもそんなに大きな違いはないと思います。
マホガニーとローズでは違いは多少大きく感じるのですが、例えば、同じローズの仲間であるインディアンローズとマダガスカルローズでの違いは正直わからなかったです。どっちもいい音がします(笑)。
でもトップがシトカなのかアディロンダックなのかは弾き比べたらわかると思います。私もわかりました。

材で重要なのはトップ材、でも一番大事なのはギターの作りそのもの

最後に元も子もないことを言いますが、材の中ではトップ材が一番ギターの音色に影響を与えていることは間違いないと思います。

でも、本当に大事なのはギターそのものの作りなんですよね。

ボディサイズの大きさやネックの長さでも全然音が違いますので、まずそこをどのように選択するかが実は一番大事かもしれないです。

あとは作り手によって同じ材でも全く違う音になっていることがありますので、材はそこまで重要視しなくてもいいのかもしれません。

実際、私もある製作家が作ったシトカトップのハカランダサイドバックのギターと別の製作家が作ったシトカトップでインディアンローズサイドバックというギターを弾き比べたのですが、もう本当に圧倒的にインディアンローズの方がいい音だと思いました。

つまりハカランダだからいい音、ではないし、トップがシダーだから必ず暖かい音色というわけでもなくスプルースだから絶対クリアなサウンドってわけでもないんですよね。
そういう方向性の音が出るというだけであって、最終的にはギターの形状や無礼シング、塗装など様々な要素が重なってそのギターの音色を作っていますので材構成は参考程度にしてギターを探すのがいいのかなと思います。

作りのいいギターはどんな木材を使っていても魅力的な音がすると思います。
シダーだろうがスプルースだろうが、なんだろうが関係なくいい音がするんですね。

ちょっと最後に空中分解するような内容になってしまいましたが、言いたかったのは高い材に拘る必要はないってことです。
ハカランダを選ぶお金があるなら、製作家と対面で打ち合わせをして自分だけの1本を作ってもらった方がいいかもしれないですよ。

製作家に作ってもらう場合にハカランダを選択するような人には無縁の話かもしれないですけれど(笑)。
でも、本当にハカランダだからっていい音とは限らないってことは伝えたかったです。

大事なのはトップ材!そしてギターそのもの!

そして、本当の本当に一番大事なのは弾き手の腕前です!!(笑)。