仕事やめたい!新卒入社して間もないアナタと一緒に考えたいこと。

仕事のTIPS
新卒で会社やめたい人
新卒で入った会社をもうやめたい。本当にやめていいのかな、でも会社に行くのは辛いし・・・どうすればいいかわからない。
JIN
今回はこんな悩みに真剣に向き合ってみたいと思います。

「仕事やめたい・・・」何度そう思った事か、僕自身も数えきれないくらいです。
本当に辛いですよね。とても良くわかります。
酷い日なんかは、足の裏から体中のエネルギーが大地に流れていってるんじゃないの?っていうくらい辛いですよね(笑)。

「新卒で入社したんだから、3年は働かないと。」
そんな事を言われたり聞いたりした事も数えきれないですよね。僕もそうでした。
でも新卒で入社したばかりだから、とかそんなものは関係ありません!
年齢や従事した年数に関係なく、仕事をやめたいと思うのは普通です!

今回の記事では「新卒で入社したばかりだけど、仕事をやめたい・・・」そう思っているアナタの取るべき行動を書いています。

仕事をやめたくて仕方ない人は是非最後まで読んでみてください。
次の一手を一緒に考えていきましょう!
※5分ほどで読めます。

本記事の内容
■ 新卒入社してすぐだからこそ、仕事はいつだってやめられる!
■ 実際に新卒入社してすぐに仕事・会社をやめてる人
■ 仕事・会社をやめたい理由別、取るべき行動
■ 自分にとって何が一番大事か→結論はこれ

新卒入社してすぐだからこそ、仕事はいつだってやめられる!

まず最初に大事な事をお伝えしたいのですが、、、アナタはいつだって仕事をやめられます!

特に、新卒入社して間もないという事であれば本当にもういつだってやめられます。

新卒入社して間もないアナタが簡単に仕事をやめられる理由
理由①:新卒入社して間もないようであれば、社内で重要なポジションにはついていないでしょう。
理由②:また、独身の人がほとんどでしょうから自分以外の人の生活を気にする必要もありません。

アナタが今の仕事・会社をやめても全然大丈夫ですし、やめたいと言えばいいだけです。すぐにやめられます。
ただし、以下のことには注意が必要です。

正社員の場合、会社の承認がなくても民法(明治29年法律第89号)の規定により退職の申出をした日から起算して原則として14日を経過したときは、退職となります(民法第627条第1項)。
しかし、期間の定めのある雇用、契約社員などの場合は別です。
雇用契約を結んでから1年以内は、やむを得ない事情がないかぎり退職できません。

というわけで、「いつでもやめたっていいんだ!」というメンタルをまずは持ってみましょう。
やめるのは簡単ですので、いったん落ち着いて色々考えてみることをおすすめします!

JIN
仕事はいつだってやめられる!やめるのは簡単なので、一度落ち着いて色々考える時間を作ってみましょう。

休職したっていい

仕事・会社をやめる前に「休職」という方法もあります。ただし、休職制度は会社として設ける義務はありませんのでアナタが所属している会社の制度を良く確認してみましょう。

もし「休職」が可能な会社に所属している場合には利用してみるのも1つの方法です。
「休職」している間に他の道を模索したり、自分の考えと向き合う時間を作れば良いのです。

JIN
「休職」を使う方法もあります。自分の所属する会社の制度を良く確認してみましょう。

新卒入社してすぐに仕事をやめてる人について

まずはアナタと同じように新卒入社してすぐに仕事をやめたいと考え、実際にやめてる人について知っておきましょう。

新卒入社してすぐに仕事をやめる人の人数

一体どのくらいの人が新卒入社した会社をすぐにやめているのでしょうか。

入社後3年以内に辞めてしまう社員の離職率は、全体の30%以上
出典:厚生労働省調査結果2019年

3年以内でやめる人が30%を超えてるんですね。3人に1人くらいの割合ですね。そう思うとかなりやめてる人が多いと思います。
新卒入社した会社をすぐにやめることは普通になってきています。

新卒入社してすぐに仕事をやめる理由

3人に1人が新卒入社した会社を3年以内にやめている昨今、その理由にはどんなものがあるのかを確認してみましょう。

新卒入社の社員が3年以内に退社する理由ランキング

※出典:若年者の離職状況と離職後のキャリア形成Ⅱ(第2回若年者の能力開発と職場への定着に関する調査)|独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)

1位は労働条件に関する内容、次いで人間関係に関する理由となっています。
大体想定通りかなという印象がありますが、アナタが仕事をやめたい理由も含まれていましたでしょうか。

仕事をやめたい理由別、次に取るべき行動

ここからは前述した新卒入社した会社・仕事をやめたい理由をベースに、僕が考える次に取るべき行動を紹介してみようと思います。
ひとつの意見として参考にしてもらえれば幸いです。

サービス残業や長時間労働に対する不満

労働基準法を破っているような働き方を強制されているというアナタ。

JIN
すぐに会社をやめましょう。そんな仕事はしなくて平気です。

その会社は法律違反をしています。
何も遠慮する事はありません、さっさと見切りをつけて次の仕事を探しましょう。

新卒で会社やめたい人
でも、やめたところで次の仕事があるのかな?自分にできることが他にあるのかな?
JIN
絶対大丈夫!!まだまだ若いし、いくらでもスキルを身につけられます!仕事もたくさんあります!

僕がおすすめしているのはIT業界への転職です。
既にIT業界にいる人の場合は、同じ業界での転職をおすすめします。

僕がIT業界への転職をおすすめする理由
理由①:圧倒的に人手が不足してる業界である
理由②:スキルを蓄積できるタイプの業界である
理由③:本業を副業に活かしやすい業界である。

実際にITエンジニアとして働いている僕からしても上記理由はその通りで、非常におすすめできる業界です。
僕が実際に従事しているネットワークエンジニアの仕事については下記の記事でも触れていますので、興味のある方は読んでみてください。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?残業や夜勤が多い?エンジニア歴10年の僕が解説します!

ネットワークエンジニアに向いてる人は? 現役エンジニアの僕がその特徴を解説します!

ネットワークエンジニアの年収ってどのくらい?エンジニア歴10年の僕の年収推移を公開します!

うつ病などの症状が出ている事が理由の場合

このような場合、今すぐにやめましょう。あるいは「休職」をしましょう。
心身の健康よりも優先される事なんてものはありません。健康でいる事で次の仕事を見つけられたり、新しい楽しみを見つけたりできるのです。

今すぐに仕事・会社から距離を置きましょう。

もし、自分自身から言い出すのが難しいという場合には「退職代行サービス」を利用しましょう。
アナタの代わりに会社との手続きを進めてくれます。

とにかく、健康のために今すぐやめる方向で動いてください。

JIN
うつ病と診断されているアナタ。今すぐに仕事・会社と距離を置きましょう。次のことはそれから考えれば大丈夫です。

人間関係に関連する理由の場合

この理由に該当するアナタ、たぶん職場に嫌いな人がいると思います。
そして、残念なのですがアナタの嫌いな人が急に「良い人」に変化することはありません。というかたぶん一生変化しません。

人間関係が理由という人はけっこう多いと思うのですが、もし「部署異動」ができる会社であれば「部署異動」を検討してみましょう。

僕も入社して10ヶ月ほどで部署を異動させてもらいました。異動前はなかなか地獄でしたが、異動してからは別の会社に入ったかと思うくらいに環境が変化しました。

JIN
特定の人間が嫌いで、離れたい。という場合には「部署異動」が有効です。

「部署異動」が難しい、あるいは社員数が少なく「部署異動」をしても嫌いな人と離れられないという場合には転職を検討しましょう。

仕事・業界が自分に合っていない、将来性が無いと感じる場合

このような理由の場合、僕としては転職活動をおすすめします。

可能であれば現在の仕事・会社をやめずに転職活動を始めてみて欲しいです。
なぜなら、他の業界や会社を見ながら自分自身の所属する会社や仕事について改めて考えることができるためです。

外を見てみたら意外と今の仕事の方が良さそうだ。ということは大いにあり得ます。

今すぐに仕事・会社をやめなくていいので、まずは転職活動をしてみて他の企業や業界をリサーチしてみましょう。

自分にとって何が一番大事か考える

新卒入社間もないアナタが仕事・会社をやめたいと思った時、理由別に取るべき行動を紹介してきました。

僕も含めてアナタの周りには色々な意見を言う人がいると思います。
また、インターネット上にも色々な意見が見られるはずです。

ですが結論を決めるのはアナタです。
アナタにとって一番大事な事、優先したい事、はなんでしょうか。

それを洗い出すと、まずやるべき事取るべき行動が見えてくると思います。

僕も新卒入社して3年経たない時に猛烈に仕事をやめたくなりました。その時は以下のような感じで、自分にとって大事な事を書き出してみました。

僕が当時考えた、自分にとって大事なこと
・お金よりもプライベートな時間が確保できること
・仕事の内容よりは人に恵まれたい
・健康第一
・リスクは可能な限り避けたい
etc.

僕は、最終的には「転職」や「独立」はせずに新卒入社した会社に残りました。しかし、上記したように「部署異動」により新しい人間関係を手に入れました。そうすると不思議と仕事をやめたいという思いは薄くなっていきました。
僕は仕事やめたいのではなくて、人間関係が嫌だっただけでした。ここに気づけた事が良かったです。

自分にとって大事な事を優先するためにはどうするのが最適解なのかを今一度よく考える事をおすすめします。
この記事を読んでくれたアナタも今一度、自分にとって大事な事を考えてみてください。

今回の内容は以上となります。
最後までお読み頂きありがとうございました。