即興演奏の上達にはセッションが近道

ギター

即興演奏の上達とセッションの関係

どうもJINです。
今回は即興演奏をできるようになりたい、もしくはもっと上手く即興演奏したいと思っている方に向けた内容となります。

上達の方法は多岐にわたりますが、今回は技術や理論的な観点ではなくセッションすることの重要性について紹介させていただきます。

セッションしないと即興演奏は上達しない。

そうなんです。

即興演奏って、セッションをしないで上達することは無いと言い切ってしまっても過言では無いのです。
僕自身まだまだ思うがままに即興演奏をできる訳ではないのですが、セッションの重要性は非常に強く感じています。

どうしたら即興演奏ができるようにるか、あるいは上達するかわからない。

壁にぶつかっているという方は是非とも仲間とのセッションにフォーカスしてみてください。
必ず得られるものがあるはずです。

即興演奏の上達にセッションが重要な理由

では、どうしてセッションがそこまで重要なのでしょうか。ポイントは大きく3つあります。

  • セッションする仲間から多くのアイデアをもらえる
  • 相手のリズムやハーモニーに即時合わせる訓練ができる
  • 即興演奏の楽しさを感じられる←※重要

それぞれ少し詳細に見ていきましょう。

仲間からアイデアをもらえる

セッションと言うととても敷居の高い演奏形態に聞こえるかもしれないですが、単純に友達と一緒に音を出すだけでも「セッション」です。

重要なのは「友達」「仲間」と音楽を通して交流することです。
上手いとか下手はいったん脇に置いて、まずは音を出し合うだけでいいのです。

その中で、自分が聞いたことも演奏したことも無いようなフレーズを聞けることがとても大事なポイントです。

自分の知らないフレーズやアイデアを知ることができ、そのアイデアについてその場で会話することが可能なので即興演奏の幅が自然と広がっていきます。

相手の演奏に対応する訓練ができる

即興演奏をする時は、あなた以外の演奏者がいる場面が多いと思います。

ソロでの即興演奏については例外ですが、多くの場合は即興演奏には伴奏者とソロを取る奏者がいます。
このような性質の持つ即興演奏においては、相手奏者のリズムやハーモニーに柔軟に対応するスキルが必須になります。

その訓練ができるのはセッションのみ、というわけですね。

即興演奏の楽しさを感じられる⇦※重要

圧倒的に重要なのがこれ、とにかく「楽しい!」と感じられること!

楽しくないことは続かないですし上達の妨げになってしまいます。
やはり上達するには楽しいと感じながら練習していくことが効果的。

セッションでは同じ音楽を愛する仲間と演奏するので、ひたすら楽しいんです。
もちろんうまく演奏できなくて落ち込むこともありますが、それも含めて即興演奏の楽しさを感じられるのがセッションです。

セッションする環境がない場合はどうする?

即興演奏の上達にはセッションが欠かせないということはご理解頂けたかと思います。

しかし、実際にできる環境があるかどうかは人それぞれですよね。

セッションしたいけど環境がない、そんなあなたに朗報です。
「セッション相手になってくれるアンプ」があるのです!

PositiveGrid社が発売している「SPARK」というアンプです!
次項ではSPARKがどのようなアンプなのか、どのようにセッション相手になってくれるのかを簡単に紹介させて頂きます。

SPARKアンプが即興演奏練習に最適な理由

SPARKアンプにはIT好きが嬉しくなる様々な機能が盛り込まれているのですが、その昨日が即興演奏練習に最適なのです。

  1. 好きな曲を検索して伴奏を流せる(コード進行分析も自動)
  2. 自分で伴奏を演奏すると、勝手にバックトラックを作ってくれる
  3. 音のクオリティが高い←※重要

曲を検索してコード分析・伴奏として流せる

SPARKアンプはインターネットに接続して曲の検索ができます。そして検索した曲のコード進行を分析、スマホやタブレットに表示してくれるのです!!
今まででは考えられなかった機能ですね・・・凄すぎます。

さらに曲のテンポを変更することもできるので、自分の好みに合わせて検索した曲を流せるわけですね。

コード進行を視覚的に見ながら即興演奏、セッションの練習が可能に!!

自分の演奏からバックトラック自動生成

録音ボタンをタップして演奏をすると、なんと自動でドラム・ベースの入ったバックトラックを生成してくれるのです!!

この機能もまた凄すぎ・・・。
即興演奏の練習にはもってこいです。

音質がとても良い

PositiveGrid社はそもそもDTM向けのアンプモデリングのプラグインソフトを手掛けており、SPARKアンプはその技術が盛り込まれています。

特にアンプの再現性には定評があり、その音質は小型アンプとは思えないほどリアルです。
やはり音質がいいというのは非常に重要で、やる気に繋がりますよね。

即興演奏はセッションすることで上達していくスキルなのです。

本日の記事内容を簡単に纏めておきたいと思います。

  • 即興演奏の上達にはセッションが欠かせない
  • セッションする環境が無い場合はツールを活用すると良い

SPARKアンプはサウンドハウスさんで購入可能です。
お値段税込 37,400円!