未経験からネットワークエンジニアになるには!?手順やおすすめ資格を現役エンジニアの僕が解説します!

ITエンジニア
エンジニア志望の人
未経験からでもネットワークエンジニアになれるのかな?具体的な手順が知りたいな!
JIN
業界未経験の方のこんな悩み。
現役ネットワークエンジニアの僕が回答させて頂きます!

IT業界未経験の方にとってネットワークエンジニアを目指す事は非常にハードルが高く感じると思います。
しかし、心配しないで大丈夫。未経験・知識ゼロからでもネットワークエンジニアの仕事はこなせるようになります!

なぜなら僕自身がそうだったから。
また現在、現場にビジネスパートナーとして入ってくるエンジニアの方達も業界初という方がたくさんいるからです。

本記事では、IT業界とは全く別業界で働いてる方がネットワークエンジニアを目指すための手順を紹介します。
また、現場で求められる能力やおすすめの資格についても解説していきます。

ネットワークエンジニアへの転職をお考えの方は是非最後まで読んでみてください。
※5分ほどで読めます。

本記事の内容
■ 未経験の人がネットワークエンジニアになるための手順
■ ネットワーク関連おすすめ資格はCCNA
■ 資格取得と同時に企業マッチング!→最短ルート

未経験の人がネットワークエンジニアになるための手順

ネットワークエンジニアになる手順は非常にシンプルです。

ネットワークエンジニアになるシンプルな手順
仕事内容を知る → 適正を見極める → 知識をつける → 企業に入る

これだけです。
前半の2つは改めて下記の記事も参考にしてもらって、自分自身のやってみたい事や適正とマッチしてるか考えてみてください。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?残業や夜勤が多い?エンジニア歴10年の僕が解説します!

ネットワークエンジニアに向いてる人は? 現役エンジニアの僕がその特徴を解説します!

ネットワークエンジニアの年収ってどのくらい?エンジニア歴10年の僕の年収推移を公開します!

自分自身のやりたい事とマッチしてるか、仕事内容のイメージに誤差が無いか、このあたりはけっこう重要な要素です。
可能であれば実際にネットワークエンジニアとして働いてる人に話を聞いたりできると理想的です。

後半の2つもシンプル。知識をつけて、それを企業にアピールして会社に入りましょう。

知識をつける必要性

ネットワークエンジニアに限らずITエンジニアの仕事をこなすには基礎的な知識が合った方が絶対にいいです。なぜなら、最低限の知識が無いと何を会話してるのかすら全くわからないからです。

そして何より採用する企業や現場としても、ある程度の知識を持っている人と持っていない人では圧倒的に「知識を持っている人」が欲しいからです。
より労働環境の良い、自分に合った企業とマッチングするためにも知識をつける事に注力していきましょう。

ネットワーク関連おすすめ資格はCCNA

ネットワークエンジニアに必要な知識を身につける、そして知識を持っている事を示す最大の近道がCCNAという資格の取得です。

エンジニア志望の人
CCNAってどんな資格なの??
JIN
アメリカのITベンダー「Cisco」社が提供している資格です!未経験からでも十分に取得可能な難易度なのでご安心を!
CCNA:(Cisco Certified Network Associate)
アメリカに本社を置く、世界最大のネットワーク機器ベンダが Cisco Systems, Inc.(通称:シスコ)です。CCNAはシスコがネットワーク技術者としての技能を認定する資格で、業界では物凄くメジャーな資格なのです。

シスコ技術者認定はCCNA以外にもいくつかの認定レベルがあり、CCNAは基礎レベルの認定となっています。
とは言え、CCNAの取得には広範にわたるネットワークの知識が必要になります。

エンジニア志望の人
なんでCCNAの取得をおすすめしているの?
JIN
今日のITネットワークシステムは、ほぼシスコの製品が導入されているからです!

シスコの製品は言わば業界標準なのです。
ゆえに、CCNAを持っている = ある程度の知識があり即戦力な人材である という印象を与える事ができるのです。

実際に僕の仕事現場でもシスコの製品を触らない案件はほぼありません。まれにシスコ製品が登場しない案件がありますが、本当にごくわずかです。

これからネットワークエンジニアへの転職を考えている方は絶対に取得して損はしませんので是非CCNAを取得してください。

独学でCCNA取得を目指す場合

周囲に指導してくれる方がおらず、かつ独学でCCNA取得を目指そうと思った人は最初に下記の本を読んでみてください。

1週間でCCNAの基礎が学べる本 第3版

こちらの本はネットワーク技術について何も知識がない状態の人に非常にオススメの1冊で、ベストバイです。
この本を読む事でネットワーク技術の基礎的な概念が全てわかります。

CCNAはこの先の知識を問われる資格ですので、まずは本を読んでみて独学で突き進めそうかどうかを判断してみてください。
これを読んだ上で、独学で知識を吸収していけそうだ。という方はCCNAの過去問や参考書を追加で購入してどんどん知識をつけていきましょう。

誰かの指導の基でCCNA取得を目指す場合

誰かの指導を受けながらCCNA取得を目指すならオンラインスクールを活用していきましょう。

2021年現在は新型コロナウイルスの影響により、あらゆるサービスのオンライン化が急速に進んでいます。
資格取得を支援するサービスについても無論オンライン化がどんどん進んでおり、多様なサービスが提供されています。

わざわざ現地に行かなくてもオンラインで資格試験に向けた指導を受けられる時代になりました。これを活用しない手はありません。

以下、僕がオススメするスクールを1つ紹介しておきます。

ネットビジョンアカデミー(NVA)はインフラエンジニアの教育に全力投球

ポイント1:ネットワークエンジニアを含め、インフラエンジニアに特化したコースを展開
ポイント2:企業マッチングの部分までフォローしてくれる
ポイント3:CCNA取得支援を全面プッシュしてる

気になった方はチェックしてみてください。

資格取得と同時に企業マッチング!→最短ルート

資格取得と同時に企業マッチングについても進めていく、これがネットワークエンジニアになる最短ルートです。

企業とのマッチングを進めるには転職エージェントを利用していくのが王道です。
※何か自分自身の周りにコネがあったりする人は別です。

下記に僕がおすすめする転職エージェントを紹介しておきます。

IT業界の転職ならマイナビ IT AGENT<ご登録無料>

大手リクルートエージェントマイナビさんのIT特化系転職エージェントがマイナビIT AGENTさんです。
僕が思うにこちらのマイナビ IT AGENTさんは以下の観点からおすすめできます。

マイナビ IT AGENTさんのおすすめポイント
■ 母体が大手リクルートエージェントのため持っている情報や案件が豊富。社内SEなども目指せる幅の広さがある。
■ サポート体制が手厚く、IT業界未経験の方でも安心感がある。

やはり母体が超大手というのがポイントです。無料相談などを利用して話を聞いてみるだけでも価値があると思います。
気になる方はチェックしてみてください。

2020年以降は転職エージェントにおいても相談や面談などをオンラインで実施している所が多く、自宅にいながら企業とのマッチングを進める事ができるようになっています。
いくつかのエージェントを利用しつつ、企業とのマッチングも優位に進めていきましょう。

今回は以上となります。
ありがとうございました。