ネットワークエンジニアはオワコン?!そんなわけありません!将来性について解説します!

NWエンジニアとは
ネットワークエンジニアを目指す人
ネットワークエンジニアってもうオワコン(終わったコンテンツ)とかって聞くけど、実際どうなんだろう?
ネットワークエンジニアって、将来性があるのかどうか本当のところどうなの?
JIN
いやいや、ネットワークエンジニアはむしろこれから需要がある仕事ですよ!
オワコンと言われる理由も含めて、ネットワークエンジニアの将来性について解説していきますね!

今は全然違う業界にいて、給与面や将来性に不安を感じている。あるいは学校で全然違う分野の勉強をしている。そんな中で、IT業界に給与面や在宅勤務などを含む労働環境で魅力を感じた。

これからはIT業界に将来性があると考えて調べるうちにネットワークエンジニアに興味を持った。

だけど、調べていくうちにネットワークエンジニアが「オワコン」で「将来性がない!」なんて書いてるあるから凄く不安になってきた・・・

そんなアナタにお伝えします。


大丈夫です!オワコンじゃないですよ!


本記事ではオワコンと言われてしまう理由も含めてネットワークエンジニアの将来性について丁寧に解説していきます。


読めばアナタの不安が解消され、ネットワークエンジニアへの理解が深まること間違いなしです!


お悩みの方は是非最後まで読んでみてください!
※10分ほどで読めます。

本記事の内容
■ ネットワークエンジニアがオワコンと言われる理由
■ ネットワークエンジニアがオワコンではなく将来性がある理由

ネットワークエンジニアがオワコンと言われる理由

なぜネットワークエンジニアがオワコンと言われてしまうのか、その理由を紹介します。専門用語についてもわかりやすく解説していきますので安心してください。

クラウドへの移行

まず大きな理由がこれです。クラウドというのは色々な意味を含んでいるのですが、ここではパブリッククラウドサービスのことを指しています。

ネットワークエンジニアを目指す人
JINさん、パブリッククラウドってなんなの??
JIN
ITシステムの基盤となる部分を仮想化して提供してくれるサービスのことです!

ちょっとわかりにくいと思いますのでもう少し噛み砕いていきますね。
ITシステムというのは乱暴に分けると、基盤(インフラ)とアプリケーションに2分割できます。

基盤にはネットワーク、サーバ、OS、などの要素が含まれていて、これらをいい感じに組み合わせてアプリケーションが正常に稼働する土台を提供します。
通常、この基盤を構成する要素は物理的に存在する機器(ハード)がメインです。

ところが、近年このハードを仮想化する(ソフトウェアで再現すると考えてください)技術が発達したことで物理的なハードがなくてもITシステムの基盤を作れるようになってきました。

仮想化技術を使ってクラウド上(インターネット上にと考えてください)にITシステム基盤を作るためのパーツを提供してくれるのがパブリッククラウドサービスです。特徴としては以下のような感じです。

パブリッククラウドサービスの特徴
・物理的なサーバーやNW機器などが仮想化されている
・システム基盤の正常性について提供ベンダーに任せる部分が多い
・価格が安い!
・複数のユーザーでサービスを共有する

簡単ですが、絵を書いてみましたので参考にしてみてください。

このようにITシステム基盤がクラウドへ移行することによって、ネットワークエンジニアの仕事はいらなくなる。という考えからオワコンと言われているようです。
後述しますが、僕としてはこれは誤った見解だと考えています。

オンプレミスの需要に対する疑問

前述したクラウドに対してオンプレミス(オンプレと言います)自体がオワコンなので、ネットワークエンジニアもオワコンと言われたりしています。

オンプレというのは、クラウドの反対で実際にデータセンターなどにサーバやネットワーク機器などのハードを置いてITシステム基盤を作ることを指しています。

クラウドへの移行需要が高まったことにより、オンプレは時代遅れでもう需要がないという風にも言われています。
これもまたネットワークエンジニアがオワコンと言われる理由の1つです。

単純作業の自動化の流れ

これからはAIの開発も大きく躍進してくることでしょう。それに伴い、単純作業については次々に自動化されていくと考えられます。

ネットワークエンジニアはシステム基盤の維持・保守の仕事も含むため、システム基盤を見守るような仕事が自動化されるとオワコン(要はいらない)になると言われてるようです。

しかし、以下の記事でも書いているのですが、システム基盤の正常稼働を見守るような仕事はネットワークエンジニアの仕事とは少し違います。

ネットワークエンジニアはやめとけと言われる理由5つ!現役ネットワークエンジニアが教えます。

ネットワークエンジニアがオワコンではなく将来性がある理由

ここからはネットワークエンジニアの将来性について解説していきます。これからネットワークエンジニアを目指そうと考えいる方は是非安心して目指していってほしいです。

クラウドへ移行しても基本は一緒

オワコンと言われてしまう理由にも書きましたが、クラウドへの移行というのは確かにひとつの大きな転換ポイントです。

ですが、クラウドへ移行してもシステム基盤の基本は一緒 なのです。

そもそも、現在オンプレで構成してるシステム基盤をクラウドに移すという大きな工事をする時にネットワークエンジニアの力が絶対に必要になります。

ネットワークエンジニアを目指す人
でも全部クラウドに移行したら仕事がなくなってしまうんじゃないの?
JIN
クラウドに移行してもネットワークエンジニアの力は依然として必要です。なぜならシステム基盤を展開する場所が変わっただけで、基本的な部分は変わらないからです。

クラウドに移行したらオンプレで必要だった業務が全てなくなるのか、答えはNoです。


僕はオンプレに展開しているシステム基盤をクラウドに移行する案件にも携わってきましたが、クラウドに移行したあとも普通にネットワークエンジニアの仕事はあります。

もちろん不要になるスキルもあります。

クラウドでは不要なスキル
・オンプレに置いてある実機の操作、それに関わるスキルや知識
・物理的な接続(ケーブル接続)や電源周りの設計スキル
・機器の冗長化や障害耐性に関する設計スキルの一部
上記のような要素は要らなくなると感じます。
ところが他の要素はそのまま必要で、ネットワークエンジニアのスキルに依存します。

例えば、

クラウドに移行しても必要なスキル
・セキュリティ設計のスキル
・インターネットを含み、通信経路を確立させるスキル
・システム基盤の監視に関わる設計スキル
・その他多数

上記のようにネットワークエンジニアのメインとなる業務はそのまま残ります。

クラウドに移行すると、クラウドサービスの提供ベンダ(AmazonやMicrosoft)が全てやってくれるというのは大きな勘違いなんですね。

今後はクラウドの知識やスキルを併せ持ったタイプのネットワークエンジニアが求められるでしょう。

クラウドのスキルを合わせ持ったネットワークエンジニアは引く手数多です。

オンプレが消えるのはまだまだ先

クラウドへ移行する流れがずっと続くと、いずれはオンプレは無くなってしまうのかもしれません。

しかし、それはまだかなり先のことになりそうです。
なぜなら、オンプレでITシステムを作りたい・維持したいという需要は根強く残っているからです。

なんでもかんでもクラウドの方が利点があるかというと、そうでもないんですね。

ネットワークエンジニアを目指す人
どうしてオンプレにこだわる人達がいるの??
JIN
クラウドを利用すると、どうしてもクラウド提供ベンダ(Amazon,Microsoftなど)に委ねる部分が多くなります。

ところがオンプレであれば大変ではありますが、自分たちで全部維持・管理できますし、好き勝手にできます。

また、クラウドでは他のユーザと共用でサービスを利用する場面が多いですが、オンプレであれば完全に自分たちだけで占有できる点も魅力があるんです。

このような理由から、オンプレ自体はまだまだ需要が残りそうです。
そうなると、オンプレ+クラウドというハイブリッドな構成がしばらく需要が多いと考えられます。

ハイブリッドな構成ではネットワークエンジニアはいくらでも活躍する場面があります!

自動化されるのは運用保守などの見守り業務だけ

ITシステム基盤の維持・保守の業務は確かにネットワークエンジニアの仕事のひとつです。


しかし、24時間365日システムの稼働状態を監視して何か問題があれば通知したりする業務は運用オペレーターと呼ばれる仕事です。

近いうちに自動化されていくのは運用オペレーターの仕事です。

ネットワークエンジニアが行う維持・保守業務は自動化できるほど単純なものではありません。

システムに問題があった時に原因を特定して対策をしたり、最初防止のためのセキュリティ設計をしたりと、とても専門的な知識とスキルが要求される仕事なのです。
このような仕事は、自動化されるとしても近い将来ではないと考えられます。


もちろん10年15年先には現在のネットワークエンジニアの仕事は自動化されているかもしれません。
しかし10年15年経過すれば、あらゆる物事がどうなってるかわかりませんので将来性がどうのこうの考える事自体ナンセンスです。

IoTの大きな流れ

これからはIoTの時代に突入していくことは間違いありません。

IoTとは、モノをインターネットに接続するということです。例えば、腕時計やテレビ、スピーカー、はすでにインターネットに繋がってオンラインになっていますよね。

最近では電気自動車はオンラインになっていますし、今後もあらゆるモノがインターネットに接続されてオンライン状態になるでしょう。

そのような時代の流れの中で、ITネットワークに特化したスキルを持つネットワークエンジニアの需要が無いなんて、、、ありえなくないですか?
特に求められるのは無線関連の知識とセキュリティに関する深い知識でしょう。


なぜなら、オンラインになるということはハッキングや攻撃を受ける可能性があるからです。
今まではオフラインだったので攻撃可能性がなかったものも、オンラインになることで悪い人たちに狙われる可能性が出てくるんですね。

在宅勤務への移行の流れ

新型コロナの感染拡大移行、明らかに在宅勤務をする人は増えています。
そして、在宅勤務の方が生産性が高く利益率の高い働き方であるといことを自覚した人や会社がたくさんあるでしょう。

これからは在宅勤務の需要が確実に増えてきます。


そこで必要になるのが、安全な通信経路で自宅から会社のサーバやクラウドにアクセスする仕組みです。
このようなネットワークを設計して提供するのもネットワークエンジニアの仕事です。

僕の現場では在宅勤務の需要が高まってから、上記したような仕事の依頼がかなり増えています。

まとめ

ネットワークエンジニアがオワコンと言われてしまう理由、またそれに反して将来性があることをお伝えしてきました。
いかがでしたでしょうか、ネットワークエンジニアを目指そうと考えてる皆様の不安が少しでも解消されていれば幸いです。

上記した内容以外にも気になることなどがあれば、気軽にコメント・お問い合わせ頂ければと思います!

今回の内容は以上となります。
最後までありがとうございました!