ネットワークエンジニアの仕事内容とは?現役エンジニアの僕が解説します!

NWエンジニアとは
ネットワークエンジニアを目指す人
・ネットワークエンジニアってどういう存在?何をしてる人なんだろう?
・ネットワークエンジニアって具体的にどんな仕事をするのかイメージができない。
JIN
こんなお悩み解決していきます!

今は全然違う業界にいるけれど、給与面や将来性に不安を感じている。そんな中で、IT業界に給与面や在宅勤務などを含む労働環境で魅力を感じた。

これからはIT業界に将来性があると考えて調べるうちにネットワークエンジニアに興味を持った。

だけど、ネットワークエンジニアが実際どんな仕事をしてるのかイメージができない。そもそも、ネットワークエンジニアって何者?

そんなアナタに、ネットワークエンジニア歴10年の僕が実際の現場での経験を基に、仕事の概要から具体的な仕事内容まで丁寧に解説していきます。

本記事を読むことで、ネットワークエンジニアの仕事を理解し、具体的な仕事内容までを把握できます。

※10分ほどで読めますのでお悩みの方は是非最後まで読んでみてください。

本記事の内容
■ ネットワークエンジニアの仕事概要
■ ネットワークエンジニアの具体的な仕事内容
■ ネットワークエンジニアのリアル案件をチェック!

ネットワークエンジニアの仕事概要

ネットワークエンジニアを目指す人
Q:JINさん!ネットワークエンジニアってざっくり何をしている人なの??
JIN
A:ネットワークエンジニアはITシステムの基盤となるネットワークを作っています!わかりやすく説明しますね!

ネットワークエンジニアが何をしているか理解するには、ITシステムの概要を掴む必要があります。

みなさんはスマホを使わない日ってほとんどないですよね?
スマホでは以下のようなことを日常的に行っていると思います。

スマホでみんながやってること
・買い物サイト(Amazonや楽天)閲覧
・メールやline
・Webで何か調べ物
・チケットの予約サイトを利用
・宿泊施設の予約
etc.

上記は、全てITシステムを利用していることになります。
ITシステム業界では利用する人をクライアント、サービスを提供する側をサーバと呼んだりします。

クライアントがITシステムを利用するには、クライアントからサーバまでを繋げてあげる必要があります。

この繋げている仕組みこそが、ITネットワークなんですね。

ネットワークエンジニアはITネットワークを設計して作って、正常に稼働するように維持する人なのです!

以下に簡単な図を用意しました。

こちらの猫さんは温泉が大好き!来月の旅行のためにスマホで旅館の予約をしています。
この時、スマホからは「この旅館を予約するよ」という要求(リクエスト)がインターネットを通って旅館予約のITシステムに送信されます。

その返信として「予約完了」の画面がスマホに表示されるというイメージです。

この一連の通信の経路がITネットワークになります!

そしてこれを作る仕事がネットワークエンジニアのお仕事というわけです!

ネットワークエンジニアの位置づけ

ネットワークエンジニアの概要については理解頂けたでしょうか。

もうお気づきの方も多いと思いますが、クライアントにITシステム・ITサービスを提供するにはネットワークエンジニアだけでなく、様々なITエンジニアの力が必要です。

ネットワークエンジニアは数多くあるITエンジニアの中で、システムの基盤(基礎の部分)を支えるインフラエンジニアに分類されます。

このあたりの位置づけについては以下の記事で解説していますので宜しければ読んでみてください。

ネットワークエンジニアは他のITエンジニアと何が違う?現役エンジニアが解説します。

ネットワークエンジニアの具体的な仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事は大きく5つのカテゴリに分けられます。
それぞれについて、なるべく専門的な事は書かないようにしましたので安心してください。

ここでは例として、A社というお客さんが下記のような事を実現したいと思ってるケースを取り上げます。

A社
我が社は東京に本社を置いてるけど、本社内のシステムに保存されてるデータを大阪支社に安全に転送できる仕組みを作りたいなあ。

近年の需要としてはよくある話でして、リモートワークの需要が高まってる事もあり遠隔地への安全な通信というのは非常に需要が高まっています。
下図のようなイメージですね。

このようなお客さんを想定した時のネットワークエンジニアの仕事を①〜⑤まで一つずつ見ていきましょう。

①要件定義と見積もり

まず最初の仕事が要件定義と見積もりです。
要件とはお客さんが実現したいことです。お客さんがやりたい事(要件)を決める(定義する)のが要件定義です。

要件を定義したら、実際にその要件を叶えるために必要となる費用を算出します。これが見積もりの仕事になります。

お客さん
東京本社内のシステムに保存されてるデータを大阪支社に安全に転送できる仕組みを作って欲しいんだけど、、できるかな?
エンジニア
そのような要件(やりたい事)であれば、〇〇円で承りますよ!

という流れです。

★具体的にやること★

・メールや打ち合わせによるコミュニケーション

お客さんとメールや会議などを通してコミュニケーションを取り、お客さんの希望を聞き取っていきます。お客さんのやりたい事を把握したら、実際にどのように実現するかを大まかに落とし込んでいきますのでネットワークの知識とコミュニケーションスキルが無いと難しいお仕事です。


・要件を実現するためにいくら掛かるか見積もる

要件が決まったら次は見積もりです。ネットワークエンジニアが見積もるのはほとんどの場合、人件費になります。
この作業をするのに何人の人が何時間働く必要があるのかを見積もっていきます。


具体的に見積もりのイメージを下記に作成してみましたので参考までにチェックしてみてください。

この見積もりは適当に作ったざっくりとしたものですが、実際はこれをもっと詳細化した見積書を作成していきます。

②設計

要件が決まり、お値段が決まり、お客さんから仕事を依頼されました!

次はいよいよ、要件を満たすためのネットワーク設計をしていく仕事ですね。
要件が決まった時点である程度のネットワーク構成は決まっていますので、より細かい部分を検討して決めていきます。

★具体的にやること★
この仕事では基本的にネットワーク専用の機械を操作する事はあまり無いです。
ほとんどの場合、WordやExcelを使用した設計資料の作成を進めていきます。

設計資料にはたくさんの種類がありますが大まかに下記のような資料を作っていきます。

・NW構成図
ネットワークの構成を表す絵です。機器の絵を置いて線で繋いだ下記のような資料を作っていきます。

・基本設計書
導入するネットワーク基盤の基本的な設計方針を書いて纏めた資料です。様々な要素について基本的な設計方針だけを書いたものです。
WordExcelを使ったフォーマットがほとんどです。
ネットワーク基盤全体の概念的な事について知識が必要で、設計をする上で検討するべき要素を理解・提案できるスキルが求められます。


・詳細設計書
基本設計書で設計した方針をもとに、実際に導入していく機器に設定する内容を細かく書いたものです。この資料をもとに、機器を設定していきます。
この設計資料についてもExcelなどを使って作成していきますのでツールとして特殊なものを使うという事はありませんが、記載していく内容は極めて専門的ですのでネットワーク全般およびネットワーク機器に関する知識が必要になります。

③構築とテスト

設計を終えたら、設計に基づき機器に設定を投入していきます。これを構築と言います。
機器を構築したら、想定通りの動作をするかテストをしていきます。構築とテストはセットで行なっていきます。

ここでは上記写真のようなネットワーク機器を実際に触っていきますので、ネットワークエンジニアらしい仕事ができます。
それぞれのネットワーク機器で固有の操作方法があり、専門的な知識とスキルが必要になってきます。

★具体的にやること★
・機器の設定画面から設計した内容に基づき設定をどんどん投入する。
映画でハッカーなどがガチャガチャと操作してる真っ黒な画面に文字がどんどん出てくる映像を想像してみてください。あの雰囲気の仕事です(笑)。


・構築した機器を仮接続して想定した動作をするか確認する。
設定を投入した機器を実際に接続して、設計した通りの動作をするかテストをしていきます。
ここでは想定外の事がしばしば発生しますので、トラブルシュートをしながら機器を仕上げていく工程ですね。想定外の事が発生した時に、解決できる確かな知識とスキルが必要です。

④本番導入

テストまでを終えた機器を実際にお客さんの拠点や環境に導入していきます。

このような作業をする時に夜勤になる事が多いです。
日中はお客さんを含め、多くの人がシステムを利用してる可能性が高いため、人が寝ている夜間に導入作業を行うわけですね。
ネットワークエンジニアと夜勤が切り離せないのはこのためです。

★具体的にやること★
今回の事例では東京本社から大阪支社への通信経路の確立をしますので、大阪にあるお客さん拠点に構築したNW機器を持ち込んで接続作業を行うイメージです。


接続作業をしたら、お客さんにも通信の正常性を確認(東京⇄大阪の通信がちゃんとできるか)してもらいます。
問題なく作業が終われば解散となります。
このようなお客さん先への出張もしばしばあるのがネットワークエンジニアの仕事です。

⑤維持保守

無事にお客さんの環境にネットワーク基盤を導入したら、正常な稼働状態を維持する仕事が始まります。
この仕事を維持保守と呼んでいます。

★具体的にやること★
機器のバグ(不具合)などにより通信トラブルが起きた場合などに、正常な状態に復旧させる仕事ですね。
何も起きなければ特にやる事はないのですが、一度自分の担当しているネットワーク基盤にトラブルが発生すると事態は急変、突如忙しくなる事があります。


ITシステムは、その正常性を監視する仕組みになっているものがほとんどです。ネットワーク部分で何か異常が発生した場合にはアラートが上がり、ネットワーク担当者に通知がきます(電話やメールなど方法は様々)。


アラート検知を受けたネットワークエンジニアは、異常の原因調査、復旧手当、などの業務に追われる事になります。
僕の経験からも、トラブル対応が一番大変な仕事と言えます。

ネットワークエンジニアのキツイ部分に関しては以下の記事で詳しく書いていますので、気になる方は読んでみてください。

ネットワークエンジニアはやめとけと言われる理由5つ!現役ネットワークエンジニアが教えます。

ネットワークエンジニアのリアル案件をチェック!

ここまでなるべく具体的にネットワークエンジニアの仕事について紹介してきましたが、実際の案件や求人情報をチェックしてみるとさらにイメージが明確になると思います。

実際の案件を見るにはITエンジニア向けの求人サイトを覗いてみるのが手っ取り早いです!
下記のテックゲートさんでは会員登録不要で案件をチェックできますので、気になる方は覗いてみましょう。

フリーランスエンジニア、副業向けの求人・案件をまとめて検索!【テックゲート】

僕もたまに覗いてみるのですが、けっこう高額案件があったりしてフリーランスにも憧れたりします・・。

今回の記事ではネットワークエンジニアの概要・仕事内容について解説しました。
いかがでしょうか、ネットワークエンジニアについて何となくイメージして頂けたでしょうか。

もし不明点や気になること、実際の現場ではどうなの?と思うことがありましたら是非コメント欄よりお問い合わせください!
できる限りみなさんの疑問を解消できるようコメントを返させて頂きます。

今回の内容は以上となります。
最後までお読み頂きありがとうございました!