僕が経験したネットワークエンジニアの案件を紹介します!

NWエンジニアとは
ネットワークエンジニアを目指す人
ネットワークエンジニアになると具体的にどんな「案件(仕事)」に携わるんだろう?
実際にネットワークエンジニアとして働いてる人に教えて欲しい!
JIN
今回は僕がネットワークエンジニアとしてキャリアを積んできた中で携わった案件をピックアップして紹介していきます!
本記事を読む事でさらにネットワークエンジニアへの理解が深まる事間違いなしですよ!

現在自分が所属している職業、分野、業界に不安を感じる。

将来性や働き方を考えると、これからはITエンジニアが良いのでは?と感じたアナタ。
その中でもシステム基盤(インフラ)を支えるネットワークエンジニアに興味を持った。


ネットワークエンジニアになると、具体的にどんな案件に携わる事ができるのかな??


本記事では、ネットワークエンジニアになったあとの「具体的な案件」を紹介していきます。ネットワークエンジニア歴10年の僕が経験してきた案件からいくつかピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。



本記事を読むことで、ネットワークエンジニアに就いた後の「具体的な案件」を知ることができます。より明確なイメージを持ってネットワークエンジニアを目指すことができるようになります!

お悩みの方は是非最後まで読んでみてください!
※10分ほどで読めます。

本記事の内容
■ カード関連会社向けネットワーク基盤維持保守案件
■ 公共事業向けネットワーク基盤提供案件
■ クラウド利用拠点間のネットワーク接続案件

カード関連会社向けネットワーク基盤維持保守案件

案件概要

ネットワーク基盤は提供して終わりではなく、そのあとの安定稼働をキープする仕事(維持保守と言います)があります。
この案件はネットワーク基盤の維持保守業務をするというものでした。

概要ポイント
・顧客はカード関連の事業を展開する株式会社さん
・契約は月額で維持保守料をもらう
・主な業務は障害発生時の対応と顧客からの問い合わせや依頼対応
・僕の立ち位置は下っ端の作業者
・自社、下請け、孫請けと3社以上からそれぞれ人が入ってました。
ネットワークエンジニアを目指す人
障害発生時の対応ですか・・・かなり大変そうですね汗。
JIN
はい、大変です。実際に障害(ネットワーク基盤の不具合)に遭遇すると急に忙しくなってしまいます。
しかし、特に波風立たない状態であればそれほど忙しい案件でも無いんです。

重要なのは、ネットワーク基盤を提供する時に精度・品質の高いものを提供するということです。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?現役エンジニアの僕が解説します!

実際にやったこと

それでは実際に行った業務について紹介します。

  1. システム監視チームからの電話受付(平日日中のみ)
  2. ほとんどのITシステムにおいて、ネットワーク基盤を含めてシステム全体が正常に稼働していることを監視しています。監視している中で、アラート(不具合)を検知すると僕らのところに電話やメールが来るのでアラート内容の確認や必要に応じて調査と対策を実施していきます。

    この案件では、電話やメールの受付時間は平日日中のみという条件でした。

    ※案件によっては24時間365日受け付ける必要のある事もあります。
  3. ネットワーク不具合時の原因調査(平日日中のみ)
  4. ネットワーク基盤に不具合があった際に、原因を調査する業務をしていました。具体的には、操作端末から不具合を起こしたと想定される機器にリモートログインしてログや設定状態などの確認を行います。
    原因が明確になるまで調査を行い、必要に応じて機器の設定変更などを行います。

  5. 顧客からの調査依頼対応(平日日中のみ)
  6. 特にアラートを検知していない場合でも、顧客からの調査依頼がある場合があります。例えば、システムの応答速度等のパフォーマンス改善のための調査などがあります。
    このように依頼された内容に基づいてネットワーク基盤の情報を収集する業務も行っていました。

JIN
維持保守の案件では「設計」はせず、事件が発生した時に頑張る!という感じでした。
ですので、並行して「設計」の案件もこなしつつ維持保守案件も担当するスタイルでした。

公共事業向けネットワーク基盤提供案件

こちらは「設計+構築」の案件でした。
この案件はオンサイト(実際に物理的な機器をデータセンタや顧客先などに用意するスタイル)の案件でしたので、TP線(LANケーブルのことです)を敷設したりする必要があり、「いかにもネットワークエンジニアやってる」感のある案件でした。

顧客は公共系のお客さんでしたので、けっこうキチキチとしていました。
金融系や公共系のお客さんは比較的「厳しい」印象があります。

※厳しめのお客さんは、いい加減なことを言ってくる事はありませんので良い面も多くあります。一長一短です。

案件概要

インターネット上から公共関連の申請を行うシステムのネットワーク基盤を設計・構築するという案件でした。
オンサイトですので、物理的な機器を用意してセッティング+構築などを行うもので、なかなか面白かったです。

概要ポイント
・顧客は公共関連の方達
・データセンタを利用したオンサイトでの提供
・短納期で4ヶ月程度で納品
・スイッチだけでなく、ロードバランサーやファイアウォールの設計もあり
・僕は一応リーダー的な立ち位置
・こちらも3社以上が案件に参加
ネットワークエンジニアを目指す人
データセンタでのオンサイト案件だったんですね。最近はクラウド案件の方が多い?というような記事を見かけます。
JIN
この案件はオンサイトでしたね!オンサイトの案件は実際に機器に触れる事ができる点が面白いですよ!クラウドを理解するにも実機を知ってると吸収が早いと思います!

クラウド案件とネットワークエンジニアの関連性や将来の展望については下記の記事で詳しく記載しています。
興味のある方は覗いてみてください!

ネットワークエンジニアはオワコン?!そんなわけありません!将来性について解説します!

実際にやったこと

それでは実際に行った業務をピックアップして紹介します。

  1. 見積作成
  2. この案件では機器の費用から実際の作業工数を含めて見積業務を担当しました。これがなかなか大変で、見積もりをする要素は実は考えてるより多いんですね。

    見積もり要素の例
    ・インターネット回線の費用
    ・機器の購入あるいはレンタルの費用
    ・設計にかかる作業費用
    ・下請け企業から外注社員を入れてもらう費用
    ・etc.

    このあたりの要素を中心に、フェーズ事に見積もりを分けたりなんだりとします。かなり複雑でしたね。
    ネットワークエンジニアを含めてITエンジニアは見積もり行為自体が「設計」という面があります。

  3. 機器の購入やTP線の購入などの手配業務
  4. これまた大事な作業でして。機器の選定から見積もり取り寄せ、購入手配などもやりました。顧客の求める能力に対して必要十分な機器を選定して値引き交渉をしたりなどなど。

    最終的には購入して、機器が納品されたら検品をするところまでやりました。
    オンサイトならではの業務でした。

  5. 設計と構築
  6. ここが案件のメインです!顧客の要望を満たせるような設計をして、構築(機器に設定を入れる)を進めていきました。
    設計したものをチームメンバでレビューしたり、レビューした結果修正をして設計を見直しながら進めていきます。

JIN
インターネットを介して利用するタイプのシステムはセキュリティ的にも考えるべき事が多く、なかなか奥深い案件でした。
オンサイトという事もあり高額な機器に触れられましたので、ネットワークエンジニアの面白い部分を感じられました。

クラウド利用拠点間のネットワーク接続案件

これからはクラウド関連の案件がどんどん増えてくるでしょう。
僕も漏れなくクラウド案件に携わっています。

この案件はクラウドを利用した良くあるタイプの案件でした。
お客さんの拠点(オンサイト)とクラウドをセキュリティが担保されたネットワークで繋ぐというものです。

案件概要

前述していますが、この案件はクラウド(今回はMicrosoftのAzure)と既存で利用してるお客さんの拠点(オンサイト)をネットワークで繋ぐという依頼です。

ただネットワークで繋ぐのではなく、「安全に」というところがポイントですね。
バーチャルプライベートネットワーク(VPN)という技術を使って接続していきました。

既存の顧客拠点とクラウド(AzureやAWS)をVPNで接続するという依頼は需要が高まっています。

概要ポイント
・顧客は交通機関系の会社さん
・クラウドはMicrosoftのAzureを利用
・納期は2ヶ月程度と短納期
・クラウド+オンサイトのどちらも設計構築の対象

このタイプの案件は、クラウドの技術とオンサイトの技術のどちらも必要です。
ネットワークエンジニアが今後必要とされる最も分かりやすい例と言えます。

クラウド関連のスキルは、未経験からネットワークエンジニアを目指す上でとても重宝されます。
気になる方は転職活動と並行して資格取得を目指しても良いと思います!

AWS認定資格【 SAA】の難易度は低い?!3週間で突破した方法を解説します!

実際にやったこと

この案件は小規模な案件だったのでそこまでやった事は多くなかったです。

  1. 見積作成
  2. こちらの案件ではクラウド部分の見積もりが入ってきました。
    今回利用したのはAzureですので、Azureの料金体系に基づいて価格を算出していきました。

    これがなかなか初トライでしたので、四苦八苦しました。
    顧客の求めるパフォーマンスにぴったりのものを探すところからですので、けっこう時間がかかりましたね。

    ですが、クラウドは後から構成をいくらでも変更できますので気が楽です!

    オンサイトでは買った機器をすぐに変更、なんて絶対に無理です。
    ところが、クラウドでは機器の性能や種類を変更するハードルがとても低いんですね。

    やはり時代はクラウドなのかなと感じました。

  3. 設計と構築
  4. 設計と構築についても、クラウドという要素が入ってきますのでオンサイトだけで考えるよりも少し複雑な面がありました。

    主にセキュリティ関連ですね。
    クラウド独自のサービスで提供される部分を理解した上で設計していきますので、初見の人にはけっこう厳しいと思います。

    ですが、理解してしまえばクラウドはとても使いやすいですし柔軟性が非常に高いです。
    AWSでもAzureでも基本の考え方は似てますので、これからネットワークエンジニアを目指すのであればクラウドへの理解は必須だと思います。

  5. 顧客オンサイトへ出張
  6. はい、お楽しみの出張ですね(笑)。
    オンサイトとクラウドを接続するには、オンサイト側にもクラウドと接続するための機器を導入する必要があります。

    機器を設置して接続テストを行うために、顧客拠点への出張があるんですね!
    時代は在宅勤務の流れですし、特にITエンジニアなんて在宅勤務ができるから最高という側面もあります。

    ですが、たまには出張も良いものですね。

    もっとも基本は在宅勤務、これがITエンジニアのメリットの1つであるという点は言わずもがなですが。

    在宅勤務、最高です!!ITエンジニアの僕が在宅勤務の素晴らしいメリットを紹介します。

JIN
これからはクラウド案件が主流になってくる気配は現場で常に感じます。
クラウドを理解するにもオンサイトでの経験は確実に活きてきますね。これからもネットワークエンジニアの需要は高まっていきます!

今回は僕が実際に携わった案件を紹介させて頂きました。
いかがでしょうか、多少でもネットワークエンジニアの仕事について理解してもえらたら幸いです。

本記事の内容に限らず、何か不明点や疑問点がある方は是非お問い合わせください!

今回の内容は以上となります。
最後までお読み頂きありがとうございました!



まとめ記事
本記事を含むまとめ記事はこちら
※未経験からネットワークエンジニアを目指す方は是非読んでみてください。

未経験からネットワークエンジニアを目指すアナタへ送る完全手引き